So-net無料ブログ作成

日ハム 日本一の夢叶わず [スポーツ]

スポンサーリンク




いい試合だった。前の試合が誤審報道で汚れかけていただけに
なんかほっとした印象だ。

巨人が一気に3点先制していたので、どうかなと思っていたが、
手負いの中田翔がその沢村から意地の一発同点スリーラン。

いやっ反撃ののろしかと思ったが、満塁の場面で勝ち越せない。
逆に阿倍のタイムリーで離される。

最後もスコアリングポジションまで進めたが、
あと一本続かずゲームセット。


巨人は強かった。やはり主軸阿部のチームだったなあ。
お見事。MVPは2勝を挙げた内海らしい、当然か。

日ハムもダルビッシュが抜けても、ここまで作り上げて
くるんだから栗山監督の手腕か。

中田を信じて使い続けた采配も匠だと思う。
粋に感じる。

振り返れば日ハムは後楽園を巨人と共同本拠地として使い、
人気もなく、まるでひなたの巨人に比べ、影のような存在だった。

北海道に移って生まれ変わった。新庄・ダルビッシュなど
人気選手も抱えつつ、実力も備え、ファンも定着し、
いまやパリーグを代表するチームになった。

フロントも含め、経営がしっかりしていたのだろう。

大谷選手も日ハムで日本プロ野球界を盛り上げてから
でも遅くないのではとも思う。

いきなりのメジャーはそんなに甘くないし、
プロでやっていくためのノウハウを
こちらで吸収しきってからでいいんじゃないか?

聞くところによると万一うまくいかなかった場合、
日本プロ野球機構に帰ってくるためには、
2、3年、時間をおく必要があるとも聞いたし。

いずれにせよ、サッカーに負けないように
野球を盛り上げて言ってほしい。

昔は子供のなりたい職業はいつも一位は
“プロ野球選手”だったのになあ。



スポンサーリンク



タグ:スポーツ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。